新しいお知らせです。場所は小松海岸、12/8日曜日。

砂浜の自然かんさつ&ビーチクリーン in 徳島
 
地球温暖化などの影響で、21世紀末には日本の砂浜の9割以上が消失の危機と言われています。海辺の生きものの絶滅、
大量の海ゴミ、マイクロプラスチックも含め、海の問題は深刻さを増していますが、陸と海をつなぐ砂浜や干潟はその
価値がまだ十分知られていません。砂浜の自然を楽しく学びながら、砂浜を守る活動に参加しませんか。
みなさまのご参加をお待ちしています!!(事前申込みが必要です)
 
●日 時: 2019年12月8日(日)10:00~12:00
●場 所:徳島市川内町 小松海岸
●集合場所:小松海岸駐車場
●参加費:無料 定員20名(事前申込み必要)  
●参加:小学生は保護者同伴・小雨決行・事前申込が必要
●主催:公益財団法人 日本自然保護協会
●共催:とくしま自然観察の会

●持ち物:防寒具、軍手、タオル、雨具、飲み物(スポーツドリンクなど)
●問合先:088-623-6783
●申込先:umi@nacsj.or.jp
           
●プログラム(予定)
9:45   受付開始
10:00   開会挨拶・企画説明(座学)
10:45   自然かんさつ&ごみ拾い
11:45   まとめ・振り返り
12:00   閉会
参加者全員に砂浜ノート(非売品)をプレゼント!!



下記のリンク先に過去の画像が見れます。

https://photos.app.goo.gl/ovPKuZNyebu8B4Qt6

https://photos.app.goo.gl/qpTqkEndgZBmsk7BA

https://photos.app.goo.gl/3WhaDf9Bb1WR5tB69

吉野川ひがたファンクラブの趣旨

吉野川は徳島の自然·文化·産業にとって重要な役割を果たしてきました。吉野川が現在の徳島をつくったと言っても過言ではありません。徳島に暮らす私たちは吉野川から多大な恩恵を受けていますが、その恩恵は経済や文化に限られません。吉野川は、私たちの生活の原風景として心の中に存在しています。故郷として徳島を思い出す、そこには吉野川の姿が描かれてはいないでしようか。
 そんな私たちにとって身近な吉野川ですが、身近であればこそ見えない あるいは見ていない足元の部分があります。河口に広がる干潟は、まさに吉野川の足元です。川の終着点である干潟には上流から色々なものが流れ着きます。水が運んできた色々なものは、徳島とそこに暮らす私たちの美しさや汚さを如実に映し出しています また、河口干潟は、川が海に接するところです。愛媛·高知県境の石鎚山地、瓶ヶ森を源にして徳島を流れてきた水が海という広い世界へと流れ出る場所です。川と海とが交わる干潟は、多種多様な生命の活動で活気に満ちています。もちろん私たち人間も多様な生きものの一つです。吉野川河口干潟の魅力とありのままの干潟に目を向け、カニの動きに注目し、野鳥の声に耳を澄まし、潮の香りを胸一杯に吸い込み、干潟で遊びましょう。この「吉野川ひがたファンクラブ」の呼びかけは「とくしま自然観察の会」が行うものです。

メンバー募集中


吉野川の河口には、大小いろいろな干潟が点在しています。
吉野川の干潟の生きものや自然のファンになり、吉野川河口や干潟を見守り、未来につなげていきましょう。
 
■吉野川ひがたファンクラブ
 
1年=500円(一口) ※ファンクラブオリジナル缶バッジをお渡しします。
 
吉野川ひがたファンクラブ会員の条件
 ●1年に1度、吉野川河口の干潟へ足を運ぶこと。
(吉野川ひがたファンクラブが呼びかける自然観察会やおそうじに参加し、
家族・友人・知人を連れてくるのも大歓迎)
●県外や遠くにお住まいの方で、吉野川の干潟へどうしても来られない方は、お近くの干潟や湿地などのwetlandをみつけて、1年に1度足を運ぶこと。
 ●1年に3人以上、吉野川河口の干潟のことを家族・友人・知人に話して
伝えること(吉野川ひがたファンクラブに入会してもらえるともっと大歓迎)

吉野川ひがたファンクラブで集まったお金は、干潟のそうじをしたり、インターネットで干潟の情報を発信したり、干潟の調査したりしながら、吉野川干潟の保護に使います。1年に1度、吉野川ひがたファンクラブのつどいを開きたいと思います

出前観察会の模様

主に保護者の方に対して干潟に興味を抱いて頂くことが事の始まりとして自然と考えました。

新しいイベント

サークル情報

名称 吉野川ひがたファンクラブ
活動エリア 陸と海のヘリ(縁)
加入人数 現在50人、目的は世界中の人皆んな。
ここの代表者名 HPの管理者は幸田青滋です。
  • はじめまして、、からはじめましょう
  • 入会はここから
  • 参加申込みはメールで、seijibon@gmail.comにお名前かニックネーム、連絡先を知らせて下さい。缶バッジなどはお会いした時に手渡しできますがすぐ欲しい方は郵便が届くご住所をお知らせください。個人情報の管理は十分に配慮いたしますのでご安心ください。
  • Facebook
  • LINE
  • とくしま自然観察の会

powered by crayon(クレヨン)